本の読み方

サクッと読める!速読術のコツ

広げられたノートと本

速読ができるようになりたいという方へ

速読ができるようになれば、本を読むときにそれほど時間をかけずにたくさんの本を読むことができるのにと、速読術を学びたいと思っている方も少なくありません。
通常、こうした速読にはトレーニングなどを行いますが、トレーニング方法の本などが多数出ています。

どの本を読めば理想的な速読をマスターできるのか、もしこれから速読を覚えていくということなら、まずはその効果について理解しましょう。

速読トレーニングによる効果とは?

短時間で特定の分野に深くなれるという効果があります。
例えばこれは面白いと思う事がある時、速読トレーニングを積んだ方なら、何十冊という本でも楽々読むことができます。

沢山の本を一気に読めるということは、その分脳を働かせて記憶しているということになります。
複数の本を読んでいくうちに、たくさんの本に書かれていることの中で共通して伝えていることがわかってきます。

この共通点がその分野において最も大切なことと理解できるので、短時間で特定の分野について深くなれるのです。

またたくさんの情報を速読で得ることで、自分の価値観をやぶったモノの考え方ができるようになります。
自分のガンコな思考を解き放つことによって、様々な考え方ができるようになります。

実際に速読トレーニングを行ってみよう

速読トレーニングは何種類ものトレーニングがあり、それぞれ特徴を持っています。
まずウォーミングアップとして、リラックスすることが大切です。
ゆっくりと呼吸し、精神をリラックスさせて集中できる状態にします。

次に、本を全部読む必要がある、飛ばして読むことはダメな事等の規定概念を取り外します。
資格の本や勉強に利用する本というのは、成果を得る必要があります。

小説などの場合、じっくり読む時間があるかもしれませんが、資格などの場合、試験まで時間がないということもあるので、必要な情報のみを読むという気持ちで読みます。

速読トレーニングによって本を読むとき、最初のうちは自分で意識して読む速度を上げる、追い込むということが必要です。
この速度を上げて読むという時に、全部読む必要があるとか、飛ばしてはダメという規定概念があるとしっかりトレーニング出来ないのです。

書いてある内容に思考をめぐらせ、読みながらよく考えること

本を読み進めていくときに集中できていれば本の内容をよく理解し臨場感を得ながら読み進めていくことができます。

知識を得るというだけではなく、これはどういうことだと考えながら読み進めていくことも必要です。
速度を落とすことなく考えながらというのは難しい事ですが、何度もこうした読み方をしていくうちに少しずつ慣れてきます。

こうしたトレーニングは毎日継続的に、少しの時間でもいいので行っていく方が身に付きやすくなります。
最初はうまくできませんが、次第にコツをつかむことができるようになるので頑張って継続しましょう。